Home » Walking with him by Kotoriko Kusama
Walking with him Kotoriko Kusama

Walking with him

Kotoriko Kusama

Published November 19th 2013
ISBN :
Kindle Edition
10 pages
Enter the sum

 About the Book 

ラブラドール・レトリバーのグレイは、知性と教養を愛している。ひとりといっぴきの、何気なくでもかけがえのない日々のいとなみを綴る、短編小説。”「いちいちドアを開けるのは、人間の仕事だよ」と、歌うようにグレイは言った。「人間の仕事」は、ほかにもある。たとえば、「二週間に一度シャンプーをすること」、たとえば、「月一回爪を切ってあげること」、「天気のいい日には、となり町の公園までつきあうこと」、「耳の後ろをかいてやること」。「人間の仕事ばっかり。犬の仕事はないの?」「毎晩ブラッシングをすること」More ラブラドール・レトリバーのグレイは、知性と教養を愛している。ひとりといっぴきの、何気なくでもかけがえのない日々のいとなみを綴る、短編小説。” 「いちいちドアを開けるのは、人間の仕事だよ」 と、歌うようにグレイは言った。「人間の仕事」は、ほかにもある。たとえば、「二週間に一度シャンプーをすること」、たとえば、「月一回爪を切ってあげること」、「天気のいい日には、となり町の公園までつきあうこと」、「耳の後ろをかいてやること」。 「人間の仕事ばっかり。犬の仕事はないの?」 「毎晩ブラッシングをすること」をしながらたずねると、 「犬は仕事をしなくていいのさ」 と、グレイは目を細めて答えた。 「どうして」 「人間より賢いから」 「なるほど」 「学校にもいかなくていいんだ」 「それもやっぱり、人間より賢いから?」 そのとおり、あくびをしながら、グレイが答えた。それから私は、「寝る前にぎゅっと抱きしめること」をして、ベッドに入った。人間の仕事は、どれも嫌いじゃない。”